FC2ブログ
またまた・・・

業務用スーパーさんに焼肉のたれを使わせて頂きました

ホントに味がしっかりしてくれているので・・・
ちょっとした炒め物にも使えてしまうので楽チンです

この日は・・・プルコギが食べたくなったので・・・
冷蔵庫の中には小松菜とひき肉があったにで

あと春雨がストック棚にありました

そこで作ったのが小松菜とひき肉のプルコギ風炒めです

材料と作り方
小松菜1束・ひき肉200g・春雨(1袋中3分の1)・にんにく2片
縮 プルこぎ

作り方

春雨を鍋でゆでて戻しておきます。
小松菜は良く洗って水分をよく切っておきます。
フライパンに油をひきあたたまったらにんにくを入れて炒めひき肉を入れます。
ひきにくに火が通ってきたら小松菜と春雨を入れてお酒を入れます。
そこに焼肉のたれを入れて炒め煮ます。
あとは味をみて出来あがりです。


業務スーパーの万能調味料を使ったアレンジレシピ大募集!
業務スーパーの万能調味料を使ったアレンジレシピ大募集!
スポンサーサイト



いためもの | コメント(1) | トラックバック(1)
たまには・・・ちがった野菜できんぴらに・・・

ごぼうで煮物にしちゃおうかなぁとも思ったのですが・・・

あと・・・ひき肉とたまねぎを入れてオムレツです

ほうれん草はおひたしにして・・・

あのキューピーさんの

オニオンドレッシングをかけていただきました

縮 ごぼうとしめじのきんぴら
作り方

 ごぼうはせんきりにしてしめじは1本ごとにさいておきます。

 フライパンがあたたまったら油をひきごぼうを入れていためます。

 ごぼうがある程度炒めたらそめじを入れお酒をいれます。

 次にほんだし・さとう・めんつゆを入れてます。

 最後に味をみて出来あがりです。

 ごぼうのあくって若返りの効果があるとか・・・テレビでそれをみてmoco家もごぼうは
そのまま切ったら水につけないでいためちゃったりにてしまいます。


人気ブログランキングへ








いためもの | コメント(0) | トラックバック(0)

“豆苗とえりんぎいため”

2010/12/19 Sun 15:45

お手軽にかえる豆苗で野菜いためを作ってみました

家族5人でひとつの豆苗だと少なすぎてしまうので・・・

冷蔵庫の中にエリンギがあったのでとりにくと作ってみようと・・・

豆苗は面白いですよね

またまた・・・成長してくれて2度美味しぃ

いつもお値段の変わらないので・・・助かります

お野菜のないときの救世主なんです

縮 豆苗とえりんぎととりにく

作り方

 豆苗は切ってお水であらいざるにきっておきます。

 えりんぎととりにくも食べやすいおおきさに切っておきます。

 フライパンに油をひきとりにくを炒めしおこしょう・お酒を少し入れていためます。

 そこにトリガラスープの素・味の素・さとうを入れてさらに炒めます。

 最後に味を整えて出来あがりです。





人気ブログランキングへ




いためもの | コメント(1) | トラックバック(0)
今日は・・・なすちゃんオンリーで作ってみましたよ~

それだけで逸品めにゅうになりますね

たまたま・・・なすがお安く手にはいったんですよね

ここ最近はなすもたかいんですよね

だから素朴になすだけで炒めたくなったんです

そうすれば・・・なすを食べたぁって気になるんですよ

これで当分はなすが我慢できるんです

縮 なすのオイスタ~ソース
作り方

 なすはらん切りに切っておきます。

 にんにくおすりおろしておきます。

 フライパンに油をひきなすを強火でいためます。

 炒めだして油がからまってきたらにんにくを入れてからませます。

 オイスタ~ソ~スとお酒を入れてさらにいためます。

 照り色が出てきたらしょう油を回しいれて味を整えて出来あがりです。





人気ブログランキングへ




いためもの | コメント(0) | トラックバック(0)
白菜がそろそろ・・・

お安く買える頃になって来ましたねぇ

最近はキャベツが高いですねぇ

なので・・・いためものもキャベツが主流に出来ないので

その代わりに白菜を使うことにしております

でも・・・いろんな料理に使えるので・・・とっても助かりますよね

縮 白菜と厚揚げのいためもの

作り方

 白菜とにんじんは食べやすい大きさに切っておきます。

 フライパンを温めて油をひきひき肉とにんにくを炒めます。

 次に白菜とにんじんを入れ次に厚揚げをいれてさらに炒めます。

 トリガラスープ・しょう油・さとう・お酒少々を入れてさらに炒めます。

 最後に片栗粉を溶いて回しいれとろみが出てきたら出来あがりです。





人気ブログランキングへ




いためもの | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »